全 国 大 会 の 足 跡



     全国の道は遠い。
  限られた種目のたった1枚のキップを目指し、子供たちは努力し、成長していく。
  たった1回の予選会ですべてが決まってしまう運、不運のなかで、うまくこの日に力を発揮した者が全国へと進む可能性がある。
  光市陸上スポーツ少年団でも、多くの子供たちがチャレンジし、2位、3位と敗れて、今まで全国大会を経験した者は、のべ9人
 過ぎない。
  特に、リレーでは皆無である。
  5年で出場しても、6年では涙をのんだ子もいる。
  今年こそは、今年こそはと、この挑戦は続く!

          平成18年6月

  全国大会出場者がのべ25人となり、久しぶりに3人目の入賞者が誕生。

       平成28年8月



全国小学生陸上競技交流大会
 ◎平成3年度(7回・京都)
   浅海利治(浅江小) 6年100m 予選12秒94(+0.0) 準決勝12秒57(+0.5)
   決勝 12秒62(+2.5)5位入賞(山口県では初入賞)

 ◎平成6年度(10回・東京)
   松尾真吾(浅江小) 走幅跳 予選 4m46(不明)
   河村健太(島田小) 5年100m 予選14秒39(-1.3) 準決勝14秒35(-0.5)

 ◎平成8年度(12回・東京)
   門永和浩(光井小) 走幅跳 予選 4m10(-0.3)

 ◎平成10年度(14回・東京)
   内布奈保(附属小) 5年100m 予選14秒39(-1.3) 準決勝14秒35(-0.5)

 ◎平成12年度(16回・東京)
   クリスチャン静香(上島田小)5年100m 予選14秒89(-1.4)

 ◎平成13年度(17回・東京)
   クリスチャン静香(上島田小)6年100m 予選13秒92(+0.2) 準決勝13秒68(+1.7) 決勝14秒27(-2.0)8位入賞
   市延真紀(室積小) 走高跳 1m25

 ◎平成17年度(21回・東京)
   植本沙紀(室積小) 走高跳 予選1m30 決勝 1m25(9位)

 ◎平成18年度(22回・東京) (写真)
   礒部加奈未(島田小)、田中佐也佳(島田小)、市川愛菜(光井小)、山本愛(室積小) 4×100mR 予選55秒86 リレーで初
   中所冴夏(高水小) 友好100m  14秒87

 ◎平成19年度(23回・大阪)
   杉田実加(浅江小) ソフトボール投 予選35m84

◎平成20年度(24回・東京)
   志熊輝晃(室積小)  走高跳 記録なし
   中嶋亜也佳(島田小) 80mH予選13秒72(-0.2) 準決勝13秒95(+0.4) 

◎平成21年度(25回・横浜)
   橋羽宏人(上島田小) 走高跳 1m25(41位)
   繁  恒樹(室積小)   走幅跳 4m33(-2.3) (35位)

◎平成23年度(27回・横浜)
   浜松智也(光井小) 80mH予選14秒73(-0.6)

◎平成24年度(28回・横浜)
   末次優也(三井小) 100m予選12秒81(+2.8) 準決勝12秒93(+0.5)

◎平成25年度(29回・横浜)
   石原隆之介(三井小) 走高跳 1m20(44位)
   橋本雅也(光井小)   走幅跳 4m31(+0.6) (37位)

◎平成26年度(30回・横浜)
   岡田朋夏(岩田小) 走高跳 1m20(31位)

◎平成28年度(32回・横浜)
   藏重みう(附属小) 100m予選13秒36(-0.5) 準決勝13秒28(-0.6) 決勝13秒36(0.0)6位入賞

全国小学生クロスカントリーリレー研修大会
 ◎平成15年度(大阪)
   浜崎佑梨 5.35、吉開仁彦 5.15、藤井ひかり 6.11 西村 翔 5.20、金子夏希 6.07、豊田剛大 5.28   33分56秒(20位)

inserted by FC2 system